季節・食べ物の不調は顔に現れる!

私たちの身体は

季節による影響を受けています。

 

 

春は

新芽が芽吹くように

湿疹・花粉症などのアレルギー症状が出やすいですね~

 

 

夏は

熱中症

 

梅雨は

湿気による重だるさ

 

冬の寒さは

下半身の冷えや感染症をもたらします。。。

 

 

これこれらの季節による症状は、

大量の血管が流れている顔に影響が出やすいのです。

 

 

症状といわれるものは

東洋医学では「排泄」ととらえます。

 

 

体内の老廃物や不要なものは、

肛門・尿道・汗・耳・口などの「穴」から出ていきます。

 

 

その一つとして、

とてもデリケートな顔の肌に症状が出やすいのです。

 

 

食べ物でも

その種類によって、顔に影響が現れます

 

 

食べ物には

陰性と陽性のものがあるのはご存知ですね。

 

 

陽性の食べ物

肉類・魚介類・ゴボウ・人参・大麦など

 

 

鼻から下にサインを出します

これは

陽性☞収縮・下降のエネルギーが働くからです。

 

 

 

陰性の食べ物

ほうれん草・ナス・トマト・ジャガイモ・豆・パン・白米など

 

 

鼻から上にサインをだします。

これは

陰性☞拡散・上昇のエネルギーが働くからです。

 

 

 

陰性の砂糖や植物性油脂は顔の上半分に集中する傾向があります。

これが「太陽」の光を受けて

「しみ」となります!

 

そして

陰性の「拡散」の働きで皮膚の穴が広がり、

重力がかかり「ほうれい線」「シワ」となるのです!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です